ビジネスで勝てる知的財産 - IPTech特許業務法人

メンバーインタビュー


 

IPTechメンバーインタビューについて

IPTechでは従来型の特許事務所とは異なり、幅の広い業務、多様性の高い働き方改革に取り込んでおります。「IPTechメンバーインタビュー」では、IPTechに興味を持ってくださる方々向けに、各メンバーの働き方の一部をご紹介していきます。
 
第01回
特許技術本部長 佐竹さん


記念すべき第一回目ですね。まずは佐竹さんの経歴についておうかがいできますでしょうか?

京都大学を卒業後、特許事務所や京都大学での産学連携に関わりながら権利化やライセンス周りの仕事をしていました。その後、MBAを取得し、関西圏で大手の特許事務所に所属し権利化スキルを磨きました。
MBAを持っていることもあり知財コンサルティング業務も増えてきた時期だったのですが、事業会社では特に興味があった、ゲーム会社のコロプラに入社しました。その後、コロプラを退社し、もともと知人でもあった安高・湯浅が立ち上げたIPTechの経営陣として参画させていただきました。

佐竹さんはIT知財業界でも有名ですもんね。IPTechに参加することを宣言されたときは、Twitter上などでも少し話題になっていましたね。IPTechへの入社のきっかけはなんだったのでしょうか?

もともと独立自体も考えていました。個人としてやっていく自信もあったので。ただ、もう一つの興味として「組織構築」というものがありました。個人でやっていくのではなく「チーム・組織」として付加価値の高いサービスを作り出すことができる方が社会的インパクトは大きいです。タイミングとしても、スタートアップ、大手企業の新規事業向けのリーガルサービスの需要が高まりつつある時期だと感じていました。そんな中、特に湯浅からの熱烈なラブコールもあり、IPTechの経営層として参画し、組織構築全般にチャレンジしていきたいと思いました。

湯浅さんは人らたらしですからね(笑)。佐竹さんが入社してくれて、IPTechは「第三次創業期」に突入したとよく言っています。佐竹さんは現在どのような業務が多いのでしょうか?

クライアント先に定期的に出向し、発明のヒアリング、新規事業創出のファシリテーションなどを行いながら、メンバーの明細書チェック、トレーニングなどを行っています。コロプラでは年間100件以上の権利化を動かしていましたし、当時よくやりとりをしていた特許事務所に向けて、新規事業案件をやるためのビジネスモデル設計や中間応答のトレーニングもしていたため、その時の経験を活かしている形ですね。
通常の特許事務所だと、知財部がある企業側で作成された発明提案書やアイデアシートをもとに明細書を書く作業が主体となるかもしれませんが、IPTechでは発明創出のためのブレスト自体を運営したり、知財ポートフォリオの作成や知財戦略の立案をクライアント様と一緒に行っているため、非常にダイナミックな業務ができます。

インタビューありがとうございました!紙面の都合上、すべてを聞くことが難しくすみません・・・泣。メンバーインタビューが一周したら、改めて聞かせてください!

第02回
  comming soon


comming soon

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6427-6713 info@iptech.jp

PAGETOP

Copyright © IPTech All Rights Reserved.