IT分野に特化した知的財産サービス - IPTech弁理士法人

特許調査・解析・特許情報活用

先行技術調査

サービス内容

特許出願をする前に、類似の技術が既に存在していないかを確認する必要があります。出願前に類似する先行技術文献を発見することで、更なる改良を加えて進歩性を担保した出願をすることができます。

料金等

調査範囲:日本特許(100~200件程度)
報告書内容:調査定義、検索式、調査結果(抽出公報、評価、先行技術の内容)、コメント
料金:10万円(税別)
納期:発注から2週間以内

無効調査

サービス内容

競合企業の特許の有効性を争うための無効資料を調査します。第三者から特許権侵害の警告を受けた場合、特許を無効にできる材料を保有しておくことで、交渉を有利に進めることができます。
必要に応じて、無効審判請求/異議申立まで責任をもって実施いたします。

料金

30万円~、納期1か月程度
※調査範囲に応じて変動します。

侵害予防調査(クリアランス調査)

サービス内容

新しい製品やサービスを実施する前に、他社の特許権を侵害していないかを調査・確認する必要があります。
侵害予防調査は、その性格上100%の安全を期すことができるわけではありませんが、リスクマネジメントの一環として非常に重要なものです。
的確な調査範囲を設定し、リスクのある特許文献の抽出と構成要件の整理(クレームチャート作成)により、注意点を明確にします。
また、特許権を回避するための設計変更についてもアドバイスいたします。

料金

30万円~、納期1か月程度
※調査範囲に応じて変動します。

PAGETOP